契約時の注意点とは

カードローンは何回でも繰返し借入れができるので、とても便利です。ただし、契約時や利用時には注意点もあります。

 

契約に関しては、審査があります。審査に通るために嘘の申告をする人もいるので、消費者金融側でも嘘に対しては厳しいです。申告は正直に行いましょう。

 

申告内容の確認として特に厳しいのが信用情報と勤め先の情報です。信用情報については、現在他社で借入れがないか、あればいくら借入れしているかを聞かれます。他社で借入れしていない方が審査では有利になりますが、嘘をついてもばれてしまいます。

 

そして、勤め先についても審査時に在籍確認をとります。勤め先に本当に在籍しているかを、主に電話で行います。在籍確認が取れなければ審査には通らないので、嘘をついても意味がありません。

 

カードローンの金利にも注意しましょう。マイカーローンなどの各種ローンと比べると、カードローンの金利は高めに設定されています。これは、マイカーローンなどは1度切り融資なのに比べて、カードローンは繰返し何度でも自由に借入れが行えるためです。使い道が自由なので、その分金利も高くなります。

 

また、借入れはとても簡単なので、つい借り過ぎてしまう人もいます。便利だからといって、借り過ぎには注意しましょう。

 

もし利用先が多くなって返済が負担になってきてしまったと感じるなら、早い段階でフリーローンでのおまとめローンも考えてみるべきでしょう。