限度額に達してしまったら

カードローンの便利な所は、好きな時に何度でも借入れや返済ができる点にあります。契約後は色々なお金の悩みを解決する、頼りになる1枚になるでしょう。ただし、限度額があるので、安易に借り過ぎないよう注意が必要です。

 

カードローンを利用する時には、借入残高がいくらかには注意を払いながら利用しましょう。返済をしていけば借入残高は減っていきますが、繰越しで大目に返済していくのが、借入残高を増やさないコツです。

 

もしも限度額いっぱいになってしまったら、追加での借入れができなくなります。まずは借入残高が減るまで新たな借入れを行わないようにしましょう。限度額いっぱいになってしまうと、新たな借入れができないだけでなく、毎月の返済額や利息も大きくなっています。借入残高に余裕があった方が、返済の面を見ても経済的です。

 

ただし、すでに限度額いっぱいで、どうしても追加の融資が必要な場合、これは新たな借入れを考えるしかありません。

 

もしも限度額いっぱいであれば、増額できないかをカードローン会社に問い合わせてみましょう。今まで返済をしっかり行っているのであれば、信用が増しているはずです。限度額の増額にも応じてもらえる可能性が高いです。

 

他社で借入れを検討する人もいますが、返済の手間も2か所分になり、返済計画も不鮮明になるのでお勧めはできません。

 

その他の方法として限度額の増額がありますが、限度額を増やすためには一定期間の正常な利用実績が必要となります。しっかりとした実績を積んでいれば増額ができる可能性があるので、コールセンターや店舗で聞いてみると良いでしょう。

 

大手の消費者金融プロミスであれば気軽に聞けるようにもなっているので、増額だけでなく分からないことがあれば心斎橋のプロミス店舗を訪ねるなどし、聞いてみることをおすすめします。